ネットビジネス初心者

メルぞうのe-Book大賞って何?受賞するとどうなるの?

無料レポートスタンドのメルぞうでは、半年に1回「e-Book大賞」が開催されています。私がネットビジネスに取り組み始めたころは、「私にはe-Book大賞なんて縁のない世界だな~」なんて思っていたんですけど、それは大間違いでした。

この記事では、そもそもe-Book大賞って何なのか。実際に受賞するとどうなるのかをお話していきます。特に、ネットビジネス初心者さんに読んでほしいなと思っています。

くみ
くみ
私は第19回で「優秀賞」、第21回で「最優秀賞」をもらえたよ。
ジョン
ジョン
大変そうだったもんねぇ。。

e-Book大賞で見事、「優秀賞」「最優秀賞」に選ばれると、集客効果も高まりますし、あなたのブランドを高めることができます。だから、ネットビジネスに取り組んでいる人の多くは、「一度でいいから受賞したい」と思っているほどの賞です。

自薦、他薦は問わないので、ネットビジネス初心者さんも受賞を目指すことは十分可能です。

メルぞう・Xamのe-Book大賞の基本情報について

e-Book大賞とは、メルぞうという無料レポートスタンドを運営している株式会社エマックスさんが運営している、青空アカデミー主催のe-Book大賞のことです。このe-Book大賞はすでに10年以上の歴史があり、今回で第24回目の開催となっています。

第24回e-Book大賞 投票フォーム

過去にメルぞうに掲載されたe-Bookの中から、自薦他薦は問いませんが、投票があったレポートが総合的に審査され、「最優秀賞1作品」「優秀賞5作品」の合計6作品選ばれます。

この記事を書いている、2019年9月3日現在で、なんと、5万点を超えるレポートが、メルぞうには掲載されています。この5万作品の中から、優秀な6作品が選ばれます。

投票について

e-Book大賞で受賞するためには、自分のレポートを推薦してもらわないといけません。自薦他薦は問わないのですが、推薦するレポートをブログやnote、SNSで紹介してもらうということが必須条件となっています。

メルぞうを効果的に使う 紹介の考え方とは?こんにちは、Lifusion(ライフュージョン)の佐藤久美です。先日、無料レポートスタンド「メルぞう」がリニューアルされました。 ...

Twitterでメルぞうのレポートを紹介する方法

第24回e-Book大賞の投票期間は、2019年9月1日から2019年9月28日までとなっています。受賞発表は2019年9月30日となります。

第24回e-Book大賞 投票フォーム

受賞するとどうなるの?

受賞作品として専用ページに掲載してもらえる!

受賞6作品になると、「第〇回e-Book大賞 受賞作品」として、専用ページで紹介してもらえます。

第21回e-Book大賞受賞作品第22回e-Book大賞受賞作品

第23回e-Book大賞受賞作品

このように、e-Book大賞を受賞すると、無料で自分のレポートをたくさん紹介してもらえるようになります。

「e-Book大賞を受賞した人」になれる

e-Book大賞を受賞すると、「e-Book大賞を受賞した人」になれます。正直、これが一番のメリットです。ネットビジネスで活躍している人の多くは、過去にe-Book大賞を受賞しています。あの人も!この人も!というように、ネットビジネスで大活躍するための、登竜門にもなっています。

受賞を目指すならブログやnote、SNSでの紹介は必須

e-Book大賞の受賞を目指すなら、ブログやSNSで、自分のレポートを紹介してもらわないといけません。そのときに、ただ、「紹介してください!」といっても、なかなか紹介などしてもらえないので、「推薦特典」をつけるのが、今では当たり前になっています。

ですので、受賞を目指すなら、早い段階で「e-Book大賞専用ページ」を作ることをおすすめします。

ネットビジネス初心者さんが注目すべきポイント

私がネットビジネスに取り組み始めた時は、e-Book大賞なんて自分には無理だから、関係のない話だなぁと思っていました。ですが、ネットビジネス初心者さんでも、e-Book大賞は参加出来るんですよ。

ネットビジネス初心者さんが、e-Book大賞を楽しむ方法を2つ教えますね。

受賞候補作品の推薦特典で楽しむ!

e-Book大賞がはじまってしばらくすると、受賞候補作品が発表されます。そしたら、その受賞候補作品を、1つずつダウンロードしてみましょう。ダウンロードして気に入ったレポートがあれば、その人が発行するメルマガにも登録してみましょう。

きっと、受賞候補になるくらいですから、e-Book大賞の受賞を目指している発行者さんだと思うので、もしかしたら、「推薦特典」が準備されているかもしれません。

この推薦特典は、もう、今じゃ当たり前になっているので、年々豪華になっています。だから、自分で受賞を目指さなくても、自分と合うメルマガ発行者さんに出会えるかもしれませんし、こういう特典準備しているんだ~という勉強にもなりますので、自分が受賞を目指すときの参考にもなります。

自分のメルマガ読者さんと予想しあいながら楽しむ

自分で受賞を目指さなくても、「第24回e-Book大賞はどの作品か当てよう!」みたいな企画は、メルマガの中で十分できますよね。私も過去に、どの作品が受賞するか、当たった人には景品をプレゼントしたりしていました。

これの発展形が、Lifusion(ライフュージョン)e-Book大賞開催ということになります。

第1回Lifusion(ライフュージョン)e-Book大賞 開催のお知らせ※受付は終了しました。こんにちは、Lifusion(ライフュージョン)の佐藤久美です。 2019年3月1日より、株式会社エマックスさん主催、メルぞう・X...

このように、e-Book大賞の受賞を目指すことだけが、e-Book大賞の楽しみ方ではありません。

まとめ

メルぞうのe-Book大賞で受賞をすると、露出が増えるので広告効果が非常に高くなります。また、「e-Book大賞を受賞した人」というブランドも付くので、一つ上のステージに行くこともできます。
ネットビジネス初心者さんでも、最初から受賞を諦めるのではなく、受賞をねらう気持ちで、e-Book大賞に参加することをおすすめします。